コネクトのカドタです。

以前コネクト日誌で、 〜人に何かを伝えるチカラ「表情筋と滑舌のトレーニング」〜 について書かせていただきました。そこで今回は、滑舌も表情筋も発音も、まとめて取得することのできる究極の練習法を チラっ とご紹介します。

外郎売り

とても難しいですが、確実に効果のある練習法があります。声優・俳優・アナウンサーにはおなじみの「外郎(ういろう)売り」です。

「外郎売り」とは、享保3年(1718年)二代目市川團十郎によって初演された歌舞伎十八番ですが、現代で外郎売りと言えば、有名な練習用長文を指すことがほとんどです。したがって、「外郎売り」とは「声を使って仕事をする人がトレーニング教材として使える練習用長文」と考えてください。

「外郎売り」の本文はとても長い上、読むのに一苦労も二苦労もします。まず、言い回しが古い時代のものなので慣れない。更に、これでもかと押し寄せてくる早口言葉の数々。パッと見ただけでやる気を無くしてしまうかもしれませんが、この長文を全て暗記している声優・俳優・アナウンサーさんは大勢いらっしゃいます。それほど有名で、定評のある練習法なのでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E9%83%8E%E5%A3%B2

↑「外郎売り」本文(wikipedia参照)

 

「外郎売り」の何がすごいのか?

「外郎売り」は、話し手が薬の効能について営業するお話です。話し手は場面ごとに感情やテンションを変化させていき、様々な語り口を駆使して薬のすばらしさを説きます。その興奮と勢いをしっかりと演じようとするなら、ある程度の滑舌・表情筋・発音が必要になります。「外郎売り」の中には早口言葉があり、滑舌の練習になる上に、難解な言葉を発するための発音の練習、更には場面を伝えるための表情の豊かさ、これら全てが一度に練習出来るというわけです。

 

やってみると楽しいですよ♪

実際にコネクトでこの練習をしている方がいますが、トレーナーも一緒になって、和気藹々と「外郎売り」に挑んでいます。やる度に成果が見られるので、私も嬉しいです。

是非一度、トライしてみませんか?

 

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂
%e7%b5%8c%e8%b7%af

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

いいね!をお願いします!
[/av_icon_box]

 
[/av_icon_box]

[av_icon_box position=’left’ boxed=” icon=’ue909′ font=’entypo-fontello’ title=’Instagram’ link=’manually,https://www.instagram.com/conectgram/’ linktarget=” linkelement=” font_color=” custom_title=” custom_content=” color=” custom_bg=” custom_font=” custom_border=”]

https://www.instagram.com/conectgram/
 
[/av_icon_box]

[/av_icon_box]

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加