こんにちは。ライターのイノッチです!
みなさん、ストレスはありますか?

「全くストレスを感じない!毎日楽しいことばかり!」
そんなふうに過ごせたら良いですよね…

ところで、どういう時にストレスを感じるかご存知ですか?

実は「自分の大切なものが脅かされた時」にストレスを感じるのです。

「大事なスピーチで失敗したくない」
「好きだったあの子に告白したいけど、フラれたく無い」

など、ストレスや緊張を感じる場面ではいつも自分の大切なものがあります。

そのため、自分に大切なものがある限りはストレスは無くならないのです。

ですが、できる限りストレスは減らしたいですよね。
前置きが長くなりましたが、今回はストレスを解消する3つのストレッチを紹介します!

なぜストレッチがストレス解消につながるのか?

「ストレッチをするとストレス解消になるよ!」
ということは聞いたことあると思います。

ですが、なぜストレス解消に繋がるのかご存知の方は少ないと思います。

呼吸に意識するから

ストレッチをするときは自然とゆっくり呼吸をするようになります。

ストレスがある時は、自然と筋肉が緊張したり、心拍数が上がったりします。

ところが、ここで呼吸をわざと遅くすると、脳が
「呼吸がゆっくりってことは警戒しなくていいのか、リラックスしよ」
というふうに捉え、自然と心拍数が下がったり緊張が解けたりするのです。

なので、ストレッチを行う際は、特にゆっくり呼吸をすることを意識してみましょう!

筋肉をほぐすから

先ほども記載しましたが、緊張状態が続くと筋肉が自然と固まっていきます。

この状態が続くと、肩こり腰痛になりやすくなってしまいます。

肩こりや腰痛になると、それが気になってまたストレスが溜まる。
→その結果、筋肉がさらに固まり、症状が悪化する

といった悪循環に陥ってしまいます。
この悪循環から抜け出すためにも、ストレッチは必要不可欠なのです。

ストレス解消に効果的なストレッチ3選

それでは、ストレッチを紹介していきます。
先ほども記載した通り呼吸に意識して行ってみましょう!

膝を抱えるストレッチ

まずは背中や臀部の筋肉を緩めていきましょう。
このストレッチは寝ながら行うため、さらにリラックスすることができます!

  1. 仰向けに寝て膝を抱えます
  2. ゆっくりと、行けるところまで膝を胸に引き寄せます
  3. 20秒間キープします
  4. これを左右3セット行います

脇腹からお尻へのストレッチ

続いて、脇腹を伸ばしていきます。
骨盤の歪みを整える働きもあるため、
「姿勢が悪いな…」
と感じる方はぜひ行ってみましょう!

  1. 左腕をあげて、肘を曲げます
  2. 右手で左肘を掴みます
  3. そのまま、体を右に傾けます
    この時に、左腰が後ろに行きやすいので、前に突き出すように意識しましょう
  4. 10秒キープします
  5. 左右3セットずつ行います

脱力ストレッチ

続いては脱力ストレッチです。
体全身を一気にリラックスさせることができるため、寝る前などにオススメです!

  1. 仰向けに寝転がります
  2. 両手を組んで、全身で思い切り伸ばします
    この時、息は吐き続けます
  3. 全身の伸びを一気に解消します。
    この時、息を吸います
  4. これを5セット繰り返します

【番外編】手軽にできるストレス解消テクニック

ストレッチ以外にもストレスを解消する方法はたくさんあります。

3つ紹介するので、ぜひ取り組めそうなものから取り組んでみてください!

観葉植物をおく

自然は人間のストレスレベルを大きく下げることができます。
みなさんも、公園などに行くとなぜかリラックスできる、という体験をしたことがあると思います。

ただ、公園まで行くのは大変…
そんな方にオススメなのが観葉植物です。

室内に観葉植物を置くだけで、ストレスや疲労感の減少だけでなく、病気にかかる確率が20%も減少したのです!

ぜひ、100円ショップでも売っているので、ぜひ購入してみてください。

ウォーキング

運動はストレス解消に効果的!
というのを聞くと、

「でも辛い運動は嫌だよ…」
そう感じる方もいると思います。

そんな方に朗報です。
ウォーキングでもストレスを解消できるのです!

なんと、ウォーキングを週に1時間やるだけで、メンタル悪化のリスクが12%も減少したのです!

ぜひ、毎日10分のウォーキングを習慣にしてみてください。

「〜と思った」法

これを見て、「なんだこれ?」と感じた方も多いと思います。

これは、何かネガティブな感情を感じた時に、語尾に「〜と思った」とつけるエクササイズです。

「上司に怒られるの嫌だな…と思った」
「スピーチ緊張するな…と思った」
「明日遅刻せずに学校に行けるかな…と思った」

これをすることで、感情と距離を置くことができます。
その結果、まるで他人の心配事を聞いているかのように捉えることができて、ストレスが減少するのです。

まとめ

今回は、ストレッチでストレスを解消する方法を紹介しました。

ストレッチはストレス解消以外にも、睡眠の質の向上や腰痛改善など、様々なメリットがあるため、ぜひ習慣にしてみてください!